Camera

OLYMPUS(オリンパス)単焦点レンズを購入M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

OLYMPUS PEN LiteE-PL6 レンズキットを購入して1年ちょっと。

はじめにアクセサリーの接写撮影用にマクロコンバーターレンズを追加し、次に欲しかった単焦点レンズ。

ミラーレス一眼を持っているなら単焦点レンズ使わないとと言われてようやく購入。

カメラのスペックがいいのに良いレンズで撮影しないともったいないって。

まずはカメラ本体の話。
私が使っているカメラは、OLYMPUS PEN LiteE-PL6。
このシリーズはE-PL7、E-PL8と最新モデルが出ています。

E-PL6を購入した時はE-PL7が最新モデルだったので、E-PL7の半額ぐらいだったかな?とってもお安くGET!

今はE-PL8が最新なので、E-PL6は生産終了。
E-PL7はまだ手に入りますが、さほど価格が下がっていない感じ。
E-PL6が店頭から売り切れる直前は価格が最後上がっていたみたいなので、私が購入した時期は本当にお買い得でした。EZダブルズームキットではなく、標準レンズ14-42mm EZが付いたレンズキットで3万ぐらい。

EZダブルズームキットに付属しているズームレンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 Rは定価では3万ほどです。
キットに付属しているこのレンズを出品している人が多いので、1万ほどでオークションやフリマサイトで購入できます。
なので、ズームレンズが欲しくなったときに買えばいいかなと標準レンズのみのキットに。
E-PL6とE-PL7のスペックはそんなに変わらないという点でコスパ最強のE-PL6にしました。

   

↑OLYMPUS PEN LiteE-PL6 14-42mm EZレンズキット

↑OLYMPUS PEN Lite E-PL6 ダブルズームキット

E-PL6とE-PL7の違い。私にとって気になる大きなポイントはデザイン性、自撮り用液晶の開く向き、wifi機能。
デザインはE-PL7の方が可愛い!と思いました。

↑OLYMPUS PEN LiteE-PL6

↑OLYMPUS PEN LiteE-PL7

やっぱりE-PL7のが可愛いです。
それから液晶の開く向きは上側か、下側か。
角度もE-PL6は180度も開かないのでそこがちょっと気になっていたのですが、なんと今日初めて知った事実が…。

E-PL6 今までめっちゃ中途半端にしか開かんやんと思っていたら170度まで開きました。
結構開くやん。知らんかった。これで自撮りもできそうです。
あと、wifi機能ですが、撮影した写真をすぐスマホに送ってSNSに上げたいと思った時に便利なのでそれは欲しかったのですが、E-PL7からはwifi機能が付いています。
E-PL6は付いていません。それを解決してくれたのがFlash Air。

wifi機能付きのSDカードです。

自分の好きな写真だけを選んで送れるので、Flash Airを選びました。
転送する時は、wifi機能を使ってFlash Airに接続するので電波状況とか全く関係なく、どこでも使えます。
そんなことを踏まえてやはりE-PL6に決めたのです。
ここからやっとレンズの話。
今回悩みに悩んでOLYMPUS(オリンパス)単焦点レンズM.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8を選びました。
何を悩んでいたかというと、25mm F1.8と45mm F1.8の単焦点レンズです。
実際にレンズを試せるという本町にあるオリンパスプラザ大阪に行ってみました。
自分のカメラを持っていくのを忘れたので、ショールームにあるカメラでレンズをいくつも使わせてもらえます。

↓ショールーム
OLYMPUSショールーム

ショールーム内という限られた場所での撮影なので、被写体を連れていくと良いと思います。

そこでは販売が目的ではありませんので、ゆっくりレンズを試せるし、とっても親切にOLYMPUSおじさまがレンズのこと教えてくれます。

レンズだけでなくもちろん最新カメラ本体も展示されています。

私はポートレートがメインで考えていたので、M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8と45mm F1.8で悩みました。

↑M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

 

 

↑M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

OLYMPUSおじさまのおすすめはポートレートに良いといわれている45mm F1.8。

ボケ感も25mmと45mmでは45mmの方がボケる。
よりボケる方がいいのですが、気になっていたのは撮影する時の被写体との距離です。

45mmはすごくアップに写るので被写体までの距離が遠い。
ロケ撮影などしている時、被写体との距離が遠いと私は撮影しにくかったのでそこが悩みどころ。
離れていたほうが、他人を取るときには良いかもしれませんが、私はモデルと近づいて撮影がしたくて。

それから商品の撮影など、室内でも撮影することを考えると、焦点距離が近い25mm F1.8が最適かなと。

ピントの範囲は、45mmだとボケる分、より狭くなるので、ほんとピンポイントに。

25mmと45mmで悩む人は多いみたいで、色んな記事を読みあさりました。
それぞれそ人によってどちらが良いというのは変わるのでまた悩む。

何を撮りたいかによるのですが、私の場合、ポートレートとバッグやアクセサリーなどの作品撮りをしたいので1つ目は25mm F1.8に決めました。25mm F1.8を30,800円ほどでGET。

45mm F1.8は25,000円弱なので、次に欲しくなったら購入しようかなと思います。

ちなみに、手持ちのマクロコンバーターレンズは25mmも45mmもどちらにも装着できるので、それでも次回、撮影してみます。


↑単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 で撮影
↑標準レンズのM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZで撮影

↑単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8で撮影

ピントの範囲とボケ感が違います。

まだこれしか撮影していないので、これから使いこなしたいと思います。

レンズ購入する際に参考にさせてもらった記事です↓

「ミラーレスにピッタリな万能単焦点レンズ!M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8の魅力を語ってみる」
https://yurucamelife.com/olympus-17mm/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。