Blog

尾州ツイード

こんにちは。
先週は愛知県一宮市にあるRe-TAiL(リテイル)という生地販売所に行ってきました。
一宮周辺の尾州生地のデッドストックやハギレなどを販売しています。
通常、企業間で取引されている尾州の高級生地。
そのデッドストックやサンプル生地などを一般の人でも購入できる場所です。
Re-TAiLの建物は時代のあるレトロな建築。

1階~3階までに生地販売スペースからアトリエやBAGスクールなどが入っています。
通常月曜日は定休日ですが、私が行った日は祝日だったのでOPENしていました。
月初めのプチセールを開催しており、3階の生地は半額♪

お目当てのツイードは1階にしかなかったのでSALEではなかったです。
ファンシーツイード系を期待して行ったのですが、ファンシー系は少なかったです。時期もあるかもしれません。
でも、可愛いツイードをいくつかカットしてもらい、ピックアップしてきました。

それからハギレなどのカットしている生地は意外とめっちゃ高い!
メートルで計算すると6000円~1万ぐらい。
ハギレはサンプル生地などで、ほつれがあったり、切られた箇所があったり、生地番号みたいな刺繍があったり、汚れがあったりするのにその価格はちょっとお高いなぁと思いました。
よく考えると、巻の生地も10cmからカットしてくれるので、そこからカットしてもらった方が綺麗だし、お値段もツイードは、メートル1800円ぐらい~3800円だったので、カットしてもらった方が良いと思います♪

尾州生地はヨーロッパの高級ブランドが取引する世界でも有名な生地みたいです。
ヨーロッパの生地でシャネルツイードと呼ばれるファンシーツイード系はメートル1万円、またそれ以上します。

私はやっぱりマリアケントが好きです。
次はフランスに行こう♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。